2012/08/31

千歳町電停前の老舗そば店が閉店



 大正8年8月8日、8づくめ末広がりの八の日に開店した、函館の老舗そば店「まる吉」が本日閉店した。


 
閉店を前に昨日の昼、暖簾をくぐった
 

 「まる吉」は、千歳町電停前、電停の行灯には企業広告のスペースがある。以前あった「まる吉」の広告が無くなったのはいつからか。
今日の閉店は、電停の広告がなくなった時から決まっていたのかはわからない。





 そば処まる吉の電車道路を挟み、向いには昭和通りがある。
 以前宝屋というデパートもあった。のちコープさっぽろ新川店となり、閉店後建物は解体され現在は駐車場となっている。

 昭和通りと言えば、私の年代の男性では多くの方がお世話になった、トップカルダン(後のマックスラガー)という学生服専門
店があった。
 私が中学2年、3年頃に男子中学生に人気だったのは短ランという丈の短い学生服、そして「愛羅武勇」などの裏ボタン

 懐かしい思い出がある店が無くなるのは大変寂しいことだと思う。こと「まる吉」は大正8年というから創業93年間、いったいどれだけの市民の胃袋を満たしてきたのか。

 電車通りの活性化には、魅力ある店が必要、その一つが無くなったのは残念だが、新たな店舗として生まれ変わることを願う。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿